外貨両替はどの方法がいいの?

最近はカード払いが普通ですが、
細かい支払いやチップ用として現金も必要です。
トラベラーズチェックが廃れてきたので、
外貨両替はよりニーズが高まってきています。

 

海外旅行や出張などの前に
現地通貨に両替しようと思っている方は
まずはこちらをご覧ください。
その通貨を手にすることができる手段をご紹介します。

 

  1. 郵便局(小さな営業所だと対応していない場合も)

    郵便局の外貨両替(解説ページ)

  2. 銀行(ネット銀行は安いですが窓口がないので×)

    銀行の外貨両替(解説ページ)

  3. 外貨両替ショップ(大黒屋などが有名でしょうか?)

    外貨両替ショップ(解説ページ)

  4. 現地の空港で両替
  5. 現地の両替ショップ(安いところとボッタクリレートのところが混在)
  6. クレジットカードで現地ATMからキャッシング
  7. FXを扱っている会社で両替(コンバージョン)または現受け(デリバリー)

    FXの外貨両替(解説ページ)

だいたいこれぐらいではないでしょうか?

 

クレジットカードのキャッシングは、
なかなか優秀ではありますが
借金には違いないため嫌という方も多いですし、
ご利用枠やリボ払カードだったりと
個人個人によって大きく使い勝手が変動します。
(利率×日数/365で金利の支払い分が計算できます。)

 

7のFX業者を利用する方法は
ハードルが高いように感じますが、
かなり安く両替できて、実は簡単なのでおすすめです。

 

8の方法は、お得ですが手続きが大変で、
両替が1000ドル(1000ユーロ)単位になってしまいます。

 

具体的な方法や手数料などのお話は、
それぞれの個別に解説していますので
そちらをよろしければご覧になってください。


手軽で安い外貨両替の新常識

マネーパートナーズ

対応通貨 受取可能な空港
ドル・ユーロ・英ポンド・スイスフラン 成田・羽田・セントレア・関空
  • 両替手数料最大98%OFF!
  • レートの良いタイミングで両替!
  • FX取引未経験でもOK!
  • 電話サポートにも対応!

 

外貨両替の方法?銀行・郵便局・FXを検証【初心者でも出来る】記事一覧

郵便局における外貨両替手数料ですが、直接「手数料」とは謳っていません。実は「換算割合」という言葉が使われており、毎営業日の午前11時〜12時頃に変更されます。もし、手数料という表記が無いから、郵便局で両替した方がお得なのでは?と勘違いする方もいますが、実際には取られていることを理解しておきましょう。尚、郵便局によっては、外貨を常備していない場所もあります。しかし、取り寄せることが出来ますので、最寄...

外貨両替を行う際に、皆さんが真っ先に思い付く両替先と言えば銀行ではないでしょうか?近年、激しい為替変動の中で、銀行窓口に両替を希望する人が殺到してしまい、両替するための外国紙幣が無くなったというニュースもありました。それでは、実際に両替する際にはどれだけの手数料が掛かっているのか、一般的な銀行と郵便局の例で見てみましょう。一般的な銀行における日本円から米ドルへの両替手数料を考えてみます。たいていの...

いわゆる外為に関する規制がなくなった金融ビッグバンによって、銀行だけでなく両替ショップと呼ばれる店頭で両替をしてくれるお店が登場してきました。有名なのが大黒屋の外貨両替で、ドルが仲値から2円程度の水準で両替が可能です。FX業者を利用した両替方法では、アジアの通貨には対応できないのでその場合にはもっとも有利な選択肢にもなります。また、支払いはカードにしてチップ代など小額を両替したい場合も、こちらの選...

トップへ戻る