外貨両替はどの方法がいいの?

最近はカード払いが普通ですが、
細かい支払いやチップ用として現金も必要です。
トラベラーズチェックが廃れてきたので、
外貨両替はよりニーズが高まってきています。

海外旅行や出張などの前に
現地通貨に両替しようと思っている方は
まずはこちらをご覧ください。
その通貨を手にすることができる手段をご紹介します。

  1. 郵便局(小さな営業所だと対応していない場合も)
    郵便局の外貨両替(解説ページ)
  2. 銀行(ネット銀行は安いですが窓口がないので×)
    銀行の外貨両替(解説ページ)
  3. 外貨両替ショップ(大黒屋などが有名でしょうか?)
    外貨両替ショップ(解説ページ)
  4. 現地の空港で両替
  5. 現地の両替ショップ(安いところとボッタクリレートのところが混在)
  6. クレジットカードで現地ATMからキャッシング
  7. FXを扱っている会社で両替(コンバージョン)または現受け(デリバリー)
    FXの外貨両替(解説ページ)

だいたいこれぐらいではないでしょうか?

クレジットカードのキャッシングは、
なかなか優秀ではありますが
借金には違いないため嫌という方も多いですし、
ご利用枠やリボ払カードだったりと
個人個人によって大きく使い勝手が変動します。
(利率×日数/365で金利の支払い分が計算できます。)

7のFX業者を利用する方法は
ハードルが高いように感じますが、
かなり安く両替できて、実は簡単なのでおすすめです。

8の方法は、お得ですが手続きが大変で、
両替が1000ドル(1000ユーロ)単位になってしまいます。

具体的な方法や手数料などのお話は、
それぞれの個別に解説していますので
そちらをよろしければご覧になってください。

両替手数料が無料!外貨両替の新常識