FX外貨両替やり方

FXで外貨両替ってどういうやり方なの?

FXの両替は、手数料の安さで注目度が高まっています。

 

実際に銀行や郵便局はもちろん、専門の外貨両替ショップよりもはるかに有利なレートと手数料で両替することができます。


具体的なやり方を教えて

FXの外貨両替を活用する方法として、
現実的に使える二つのやり方をピックアップしました。

 

空港受け取りができるFXの会社で両替する方法

当サイトのTOPページでご紹介したとおり、
8日前までに手続きをすることという条件さえクリアできるなら、
旅行などで多い5万円〜10万円程度の
ドル・ユーロ・ポンド・スイスフランの両替を、
最もお手軽かつ安く両替が可能です。

 

FX取引をしなくていいためハードルが低いのも利点ですね。

 

FXの会社は何十社もありますが、この方法を使えるのは
マネーパートナーズという会社だけですのでご注意ください。

 

シティバンクのATMを活用して海外でドルを引き出す方法

当サイトのTOPページでご紹介したとおり、
こちらは『ドル限定』で、
しかも、1,000ドル単位という条件が付いてしまいますが
手数料そのものは最も安くできる方法です。

 

現受けという先物取引の仕組みを利用して
外貨を直接受け取るというものなのですが、
FX取引を行う必要があるため心理的なハードルが高いので
為替投資を嫌う人にはおすすめできませんね。

 

シティバンクの口座を指定しているのは、
着金手数料(リフティングチャージ)が無料にできて、
海外ATMで引き出す時に、ATM利用料の2ドルしかかからない
という理由があるからです。

 

ここまで紹介しておいてなんですが、
正直いってかなり手続きが煩わしいです。
口座開設してさらに、外貨預金口座を作って
外貨専用のキャッシュカードを作っておく必要もありますし、
シティバンクの海外でのATMの場所も把握しておかなくてはなりません。

 

また、シティバンクは、eセービング口座というネットバンキング口座なら
口座維持費が必要ありませんが
通常の口座の場合、残高が50万円未満だと
口座維持費として月額2,100円が必要になってしまいます。

 

さらに、両替よりも手数料の安い、現受けを利用するため
FX取引の最小単位である1,000ドル単位となり、
利便性が悪いというのも欠点です。

 

両替&空港受け取りのほうがおすすめではありますが、
一応この方法が使えるFXの会社をご紹介します。

 

『現受け』に対応していて、なおかつ外貨出金手数料が無料の会社です。
サイバーエージェントFXがその代表ですね。

 

どれぐらい違いがある?

1ドル80円で、1000ドルの両替に必要な金額をそれぞれ比較してみましょう。

 

まず、TOPページにもあるように、@の空港受け取りをする場合、
為替手数料が20.5銭で事務手数料が500円なので、80,705円です。

 

次に、Aの場合為替手数料が0.4銭、事務手数料、振込手数料が無料。
シティバンクで引き出すため、着金手数料が無料、
ATM手数料が2ドル(160円で換算)で、80,164円です。

 

正直、Aの方法は難しすぎなので
1,000ドルで500円差はあるものの
銀行で両替するより2,000円近くは安くなる
@のほうをおすすめします。

手軽で安い外貨両替の新常識

マネーパートナーズ

対応通貨 受取可能な空港
ドル・ユーロ・英ポンド・スイスフラン 成田・羽田・セントレア・関空
  • 両替手数料最大98%OFF!
  • レートの良いタイミングで両替!
  • FX取引未経験でもOK!
  • 電話サポートにも対応!

 

FX外貨両替のやり方は?手数料が安い【空港で簡単受け取り】関連ページ

郵便局の外貨両替
郵便局の外貨両替の際の手数料やレート、対応通貨などの基本情報をご紹介していきます。ただ、郵便局は場所によって対応していないこともあるので、小さな店舗型の局ではできないかもしれません。
銀行の外貨両替
外貨両替といえば、銀行が真っ先に浮かぶ方が多いのではないでしょうか?大手3行は外貨サービスに力を入れていますが、全体的にはどうなんでしょう?詳しく見ていきましょう。
外貨両替ショップ
外貨両替ショップを使う方法は、銀行や郵便局よりは断然おすすめです。ちょうどFXと銀行の間ぐらいになりますね。FXの両替が間に合わないときなどに使うのが賢いやり方かも?